「ずっと同じ人が前にいたら楽しくないだろ。だったら逆行すりゃいいだけだよ」

『R25』『TRANSIT』など、デザイン界にインパクトを与え続けている「発明家」尾原史和。

その唯一無二のデザイン・ものづくりには、いかなる思想が宿っているのか?

「俺が歩みを合わせてきたのは人類史に残る哲学者と芸術家だけ」と言い切る男が、初めて自らの仕事観・人生観を語る。

地図だけ持って上京してきた怒涛の半生を、興奮の文体でつづったリアル青春記。

著者 尾原史和(おはら・ふみかず)

グラフィックデザイナー。1975年高知県生まれ。
1999年、建築家らとともにスープデザインを結成。2009年よりマルチプル・レーベル プランクトンとしても活動開始。いまだ無冠継続中。
— http://mishimasha.com/books/gyakkou.html

構成を森旭彦が担当しました。

お買い求めはこちらから。