About 

  AKIHICO MORI 森 旭彦

 

AKIHICO MORI 森 旭彦

SFより面白い、
未来の話をしよう。

京都生まれ。
2009年よりフリーランスのライターとして活動。
主にサイエンス、アート、ビジネスに関連したもの、
その交差点にある世界を捉え表現することに興味があり、インタビュー、ライティングを通して書籍、Web等で創作に携わる。
 
幼い頃からサイエンスに親しみ、SFはもちろん、サイエンスノンフィクションの読み物に親しんできた。
自らの文系のバックグラウンドを生かし、感性にうったえかけるサイエンスの表現を得意としている。

雑誌『WIRED 死の未来』にて、インタビュー記事を執筆する他、同媒体にはWebを含め継続的に関わる。また、東京大学 大学院理学系研究科・理学部『リガクル』などで多数の研究者取材を行っている。

主な執筆(構成)・編集実績:

WIRED、ForbesJAPAN、WISDOM(連載)などのWebメディアにて継続的なライティング活動を行う。

書籍では主に構成、編集に関わる。尾原史和著『逆行』(ミシマ社刊)、成毛眞著『面白い本』『もっと面白い本』(岩波書店)、阿部裕志・信岡良亮著『僕たちは島で、未来をみることにした』(木楽舎)、山口孝夫『宇宙飛行士の採用基準』(角川oneテーマ21)など。