wired.jp 未来の必須科目、「正気と狂気」のビジネスデザイン:濱口秀司が「WIREDの学校」で教えてくれること

 wired.jp

wired.jp

インタビュー・執筆:

突き抜けたアイデアを出そうとしても、浮かんでくるのはありきたりなものばかり。それは、あなたに「狂気」が足りていないからかもしれない。4月開校の「WIRED Business Bootcamp」で講師を務めるビジネスデザイナー濱口秀司が送る、イノヴェイティヴなビジネスデザインの生み出し方。これはその“導入編”だ。[2016年度のWIRED Business Bootcampの受付は終了しました。本誌VOL.23では、濱口自らが綴ったビジネスデザインの哲学を掲載]


USBフラッシュメモリの発明、日本初の商用イントラネットの開発、イオンドライヤーの発明…。世界中で“0から1”のスイッチを押し続けることを仕事にしているイノヴェイションの仕掛人にしてビジネスデザイナー、monogotoのCEO・濱口秀司。

イノヴェイションには「再現性がある」と言い切る彼は、これまでTEDを始めとしたさまざまな場で講演を行ってきた。そんな彼が次に教鞭を執るのは、この4月に開講する「WIRED Business Bootcamp」だ。課題とワークショップを通し、アウトプットを重視した彼の講義テーマは、「イノヴェイティヴなビジネスデザイン」である。...continue to read

MEDIA森 旭彦WIRED