wired.jp ポップカルチャーに国境はない──スイスのSF美術館で出合った手塚治虫と横尾忠則

 wired.jp

wired.jp

インタビュー・執筆:

アニメに代表される日本のポップアートが海外に影響を与える一方で、日本のお家芸とされるマンガは時代をさかのぼれば、海外のSF作品から影響を受けてきた。スイスにあるSF美術館メゾン・ダイユーでの展示からみえた、手塚治虫と横尾忠則の海外での受容と、そこから始まる未来とは。

 


SFのための美術館

スイスの小さな町イヴェルドン・レ・バンに、SFのコレクションを専門とする博物館「メゾン・ダイユー(Maison d’Ailleurs)」がある。この博物館は、フランスのSFコレクター、ピエール・ヴェッサによって1976年に設立された私設博物館だ。

フランス・アヴィニョンで1923年に生まれたピエールは、第二次世界大戦中に強制収容所に送られたのち、52年にスイスへ移住。ここで、当時文学的地位を確立しつつあったSF文学と出合った。...continue to read

MEDIA森 旭彦WIRED