MIT Tech review 暦本純一×平野啓一郎対談 「機械が進化しても、 人間もテクノロジーで進化」

 MIT Technology Review

MIT Technology Review

インタビュー・執筆:


暦本純一×平野啓一郎対談
「機械が進化しても、
人間もテクノロジーで進化」

東京大学の暦本純一教授と作家の平野啓一郎さんの対談。人工知能の飛躍的進化で人間の領域が脅かされているようで、テクノロジーで進化するのは人間であり、AIもロボットも進化を支える道具でしかない。欧米の「テクノロジー脅威論」とはひと味違った議論だ。


昨今、人間はAIに驚かされっぱなしだ。特に2016年3月に、グーグルによる囲碁AI「AlphaGo(アルファ碁)」が、韓国のプロ棋士イ・セドルを破ったニュースは、ある意味では人間の知性の敗北を世に伝えるものだった。

オックスフォード大学のカール・ベネディクト・フレイおよびマイケル・A・オズボーンによる論文「雇用の未来」によれば、アメリカの47%の雇用がAIを含むコンピューターによって危機にさらされるという。これから私たち人間と機械はどのような関係性を持ち、社会で共生してゆくのだろうか。 continue to read